研究活動

研究活動

『ひとりでやらない 育児介護のダブルケア』(ポプラ社)を刊行いたしました。

『ひとりでやらない 育児・介護のダブルケア』(ポプラ社)を刊行いたしました。
お知らせ

大原社会問題研究所雑誌 736号~737号ダブルケア特集

大原社会問題研究所雑誌 736号 2020年2月 【特集】東アジア福祉レジームとダブルケア(1)東アジア比較と計量分析 特集にあたって  相馬直子・山下順子 東アジアにおける社会的リスクとしてのダブルケア  相馬直子・韓松花・山下順子・Kate Yeong-Tsyr Wang・Raymond K.H. Chan・宋多永 ダブルケア経験者の就業状態および負担感についての分析  上村一樹・中村亮介 大原社会問題研究所雑誌 737号 2020年3月 【特集】東アジア福祉レジームとダブルケア(2)構造的葛藤と制度的不正義 ダブルケアと構造的葛藤  山下順子・相馬直子 韓国における中高年女性のダブルケア負担と制度的不正義  宋多永・白暻欣/相馬直子 訳 日本における中高年女性のダブルケアと制度的不正義  相馬直子・山下順子
2021.09.15
研究活動

神奈川ワーカーズコレクティブ連合会・横浜国大共同ダブルケア実態調査2016

神奈川W.Co連合会・横浜国大連携 ダブルケア実態調査2016報告 神奈川ワーカーズ・コレクティブ連合会 横浜国立大学経済学部附属アジア経済社会研究センター *本内容の転載にあたりましては、「神奈川W.Co連合会・横浜国大連携 ダブルケア実態調査2016」もしくは「神奈川W.Co連合会・横浜国大2016調べ」と付記の上ご使用いただけますようお願い申し上げます。 *なお、本調査研究は第6弾ダブルケア実態調査とも位置付けられます。  2012年よりダブルケア調査第1弾(横浜市内の子育て支援拠点3カ所で質問紙調査)、第2弾調査(横浜、静岡、京都、香川、福岡で子育てメールマガジン登録者対象に携帯・Web調査)、第3弾調査(横浜、京都の一時保育、学童、子育て支援センターで質問紙調査)、第4弾調査(ダブルケア研究ホームページからのウェブ調査)、第5弾調査(ソニー生命連携調査2015年)、第7弾調査(ソニー生命連携調査2016年)があります。   Ⅰ はじめに 1.「ダブルケア」調査・研究にあたって:社会的背景 現代の日本は地域コミュニティが崩壊し、ご近所同士のつながりが薄れていると言われ...
研究活動

研究活動報告(2013年4月~)

◆座談会・検討会 2013年4月16日  ダブルケア分析報告会(第1期)介護と子育ての同時進行から考える新たな社会政策[横浜国立大学みなとみらいキャンパス] 2013年 7月16日  ダブルケア(介護と育児の同時進行)分析検討会[横浜国立大学みなとみらいキャンパス] 2013年10月30日  育児と介護の「ダブルケア」座談会[横浜市西区保健福祉活動拠点フクシア] 2014年 5月15日  てとてとダブルケアカフェ[芹が谷コミュニティてとてと・じゃがてと] 2014年11月4日  ダブルケアワークショップ『ダブルケアってなに?育児と介護に奮闘中のママから聞くダブルケアの実態とこれからの支援政策』[県民活動サポートセンター] 2015年1月20日  ダブルケア(育児と介護の同時進行)シンポジウム[フォーラム南太田] 2015年2月23日  ローカルグッドカフェin さわやか港南(横浜市港南区)~育児と介護 地域でダブルケアを支えるには?港南区の支え合いを考える~ [さわやか港南] ◆学会発表 2013年6月12日~13日  Double burden of Care in Japan, ...
研究活動

レポート:ダブルケア意見交換会

 2014年11月4日、神奈川県民センター305会議室において、『ダブル・ケアってなに?「育児と介護」奮闘中のママから聞くダブル・ケアの実態とこれからの支援政策』をテーマに、ワークショップを開催しました。  未就学児を抱えながら親の介護もしている母親などダブル・ケアに直面している当事者5名のほか、横浜市内の地域ケアプラザ、子育て支援拠点などで介護や子育ての支援に関わるスタッフなど12名が出席し、研究チームの横浜国立大学・相馬直子とブリストル大学・山下順子をあわせた計19名で、今後のダブル・ケア支援について考えました。  まず、山下より東アジア4か国での調査を報告。台湾・香港に比べ、日本と韓国ではダブル・ケアについての負担感が高いとの調査結果をまとめました。また、国内の調査から、予備軍を含めたダブル・ケア当事者の割合が高いこと、当事者は精神的・体力的な負担感が高いことなどが報告されました。こうした報告を受け、相馬より、社会政策においても介護と子育てをひとつの単位として考える必要性があることなど、意見交換会のテーマを再確認しました。  出席者の自己紹介後、ダブル・ケア支援の事例を2つ...