HOME > ダブルケア経験者の声

ダブルケア経験者の声

あとは本当に、たまたま、私は自分がメインではない、介護者のメインではないので、メインの方なんかはもっと大変だろうなって思うんですよね、一人でそんだけやらなければいけないので、そうすると、思考能力が低下しちゃうんですよ。
そこに子どもにワーってやられるから、キーってくるんですよね。
だから、本当に思考が低下している中で、わかりやすくこう周りの方がいろいろ出会った方が、親切にやって下さったからよかったんですけど。

 

別居ダブルケア(保育園の子ども・育児休業中+実の父親の介護の同時進行)の
Bさんへのインタビューより

自分の親だし、父親がすごくやっぱり手厚い人だったので、いろいろ面倒を見ている背中を見ていたので、自分もそれと同じことをしなきゃいけないと最初は思っていたんですけど、
一手に全部抱えてみたら、ある日、涙が止まらなかったり、子どもがいるのに自分が死んでも何とかなるんじゃないか、この家はって思うような、そういう普通じゃ考えられない気持ちになってきて、
それをケアマネさんに相談したら、「もっとヘルパーさんを入れましょう」って言ってくれたんですけど、逆にヘルパーさんが朝来てくれて、歯磨きだ何だ、そういう身の回りのことをしてくれる。業者が来てくれて、介護タクシーが連れていってくれる。
そうなってくると、見守るばっかりって、自分は介護をしていないんじゃないかなっていう気持ちにもなってきちゃう。
でも、自分がいないと回らないし。でも、いても大しては役に立っていないような、そういう存在、今は。

 

同居ダブルケア(男の子2人の子育て+実の母親の介護の同時進行)の
Aさんへのインタビューより